開発状況

診断薬



フェニルケトン尿症迅速診断

フェニルアラニンが代謝されずに体内に蓄積してしまう疾患がフェニルケトン尿症で、適切な治療を行わないと知能発達遅延やけいれんなどの重篤な症状が出現します。フェニルアラニンを制限するための食事療法を正しく行う必要があり、定期的な医療機関での検査が必要ですが、糖尿病患者のような自宅での血糖測定システムは無く、自己管理が難しい状況です。当社は、自宅で簡便かつ正確に血中フェニルアラニン濃度を測定するシステムを東北大学と共同開発しています。家庭でいつでも自己測定が可能になれば、フェニルケトン尿症を有する患者のきめ細やかな食事管理が実現できます。

フェニルケトン尿症迅速診断
(出典:PKU(フェニルケトン尿症)治療ネット https://www.pku-dsc.info/