開発状況

        

人工知能(AI)を活用した
医療ソリューションの開発



「医療分野への 人工知能(AI )の応用」は大きな可能性を秘めた医療テーマですが、それぞれのステークホルダーが課題を抱えている状況です。


□医師・医療機関(入口):
医療の課題や問題(ニーズ)を熟知し、豊富な医療データやアイデアなどを有するが、AIの知識やAI 企業とのネットワークが乏しく、具体的な研究開発に着手できない場合が多い。

□IT企業:
医療分野への参入に興味を持つが、医師・医療機関とのネットワークが少なく、医療ニーズや薬機法などへの理解が不十分で、医療現場での本格的な開発は難しい場合が多い。

□製薬・ヘルステック企業(出口):
AI活用への高い関心があるが、研究開発から事業開発まで、自社単独ですべて対応することが困難な場合も多い。

当社は、医療ニーズの把握と医療現場での開発を重視する視点、多くの医師や診療科とのネットワーク、医師主導治験で蓄積された経験やノウハウを活かし、AIを活用した医療ソリューションの開発にも取り組んでいます。医療現場を熟知しており、豊富な医療データを有する医師や医療機関と連携し、薬機法に則った臨床試験(医師主導治験)が実施できるため、実地臨床に役立つ医療ソリューション(診断、治療)の開発が可能になります。


現在、肺疾患(機能検査)、腎臓疾患(透析医療)、糖尿病、がん(画像診断)、精神疾患など医療分野への AI 応用に関して次のような研究開発を進めています。


■呼吸機能検査診断法の開発

呼吸機能検査スパイロメトリーは、肺疾患診断に有用な呼吸機能検査ですが、その結果の解釈は非専門医には難しい場合もあります。多数の検査不具合例、疾患例の正解パターンを学習させ、スパイロメーターの数値結果に加えて、フロー・ボリューム曲線パターンの自動解析を実現し、非専門医の結果の解釈を補助する手段を提供します。



■無症状透析を目的とした透析管理システムの開発

慢性腎不全医療における透析治療では、急激な血圧低下、気分不良/嘔吐、筋肉痙攣など種々の併発症状が問題となっています。AI技術によって、不快症状を予防できる安全な透析管理手段を提供します。